2015年03月01日

Windows7 64bit版でNDS Adaptor PLUSを使用する方法


NintendoDSのセーブファイルをパソコンにバックアップできる便利ツールNDS Adaptor PLUS。

セーブデータを一つしか作れないポケモン等を複数人数でプレイしたり、大切なデータを保存することができるツールです。Amazonでも3,400円程度で購入できます。

しかし、Windows7になって各種ドライバソフトに「署名」が無いと使用できなくなり、通常の方法では使えなくなりました。

メーカーサイトに使用方法も書いてありますが、ちょっと判りにくいのでまとめてみました。
http://www.hkems.com/product/nintendo/0907jap.htm
http://www.hkems.com/files/EMSlink/64bit_Driver_Installation_Guide.pdf

2018年2月4日追記
Amazonの本品、NDS Adaptor PLUSのカスタマーレビュー「Vista/7でも使えます」に記載されている方法は、以下に紹介するテストモードを「dseo13b」を使用せずにコマンドプロンプトで実行するだけなので、当記事の方が一般的には判りやすいと思います。以下がレビューの内容ですが、説明が足りなくて、この通りではPC上級者以外はうまくいかないと思います。
扱い方が非常にシンプルで便利な物なのですがVista/7の64bit環境だとドライバが未署名のためそのままだとインストールができません。
この問題を回避する方法を載せておきます。利用はあくまで自己責任でお願いします。

管理者でログインし、コマンドプロンプトを開く。「bcdedit /set testsigning on」と入力。
これで未署名のドライバでもインストールが可能になります。あとは公式から最新のドライバを落としてインストールすればOK。
インストールが終了したらコマンドプロンプトで「bcdedit /set {current} testsigning off」と入力すれば設定が解除されます。

公式サイトにも別の方法が載っていますが、英語だらけですしこちらのほうが簡単です。お試しあれ。


★ここからが当サイトの説明です。★
■NDS Adaptor PLUSをWindows7 64bit版で使用する方法。■

1.NDS Adaptor PLUSのドライバーをHKEMSのサイトからダウンロードします。
  http://www.hkems.com/download%20-%200907.htm
 ※一番上が最新です。安定版が良ければ(beta)のついていないバージョンを選びましょう。

2.ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると次のファイルが出てきます。
00-01.jpg

3.ドライバーファイルには以下のようなものが含まれています。
00-02.jpg

4.これを任意のフォルダに入れます。例としてCドライブに「Tools」というフォルダを作りそこに解凍した「0907_v3.05」を入れました。

5.次に未署名のドライバーを使用するためのソフト、DSEOをダウンロードします。
 http://www.ngohq.com/home.php?page=dseo
 ※画面一番下大きい「Download」をクリック。
  画面下「Agree」をクリック。

 dseo13b.exeをダウンロードします。このファイル自体が実行ファイルなのでインストール等は不要です。
 deso.png

6.DSEOを起動し、「NEXT」「Yes」でメイン画面が表示されます。

7.「Enable Test Mode」を選択し、「NEXT」を押して、成功のメッセージが出たら、「EXIT」をクリックしてDSEOを終了します。その後、PCを再起動します。
NDS_Adaptor_Plus_04.jpg

8.デスクトップ右下に「テストモード Windows7」の文字が表示されれば成功です。
NDS_Adaptor_Plus_05.jpg

9.DESOを起動し「Sign a System File」を選択し「NEXT」をクリック。
 最初にダウンロードした“EMSLink_amd64.sys”のディレクトリを選択して「OK」をクリック。例として下記のパスになります。
 C:\Tools\0907_v3.05\driver\EMSLink_amd64.sys
NDS_Adaptor_Plus_02.jpg

10.同じように「EMSLink_ia64.sys」を指定します。
 C:\Tools\0907_v3.05\driver\EMSLink_ia64.sys
NDS_Adaptor_Plus_03.jpg

11.2つのドライバーを指定して成功したらDSEOを「EXIT」で終了し、PCを再起動します。

12.再起動したらNDS Adaptor PLUSをUSBポートに差し込み、上記で指定したドライバーを設定します。これでNDS Adaptor PLUSが使用できるようになります。

13.NDS Adaptor PLUSにDSのカートリッジをセットし、USBポートに差し込んで、最初にダウンロードしたファイルの「NDS_Adaptor_Plus_V3.03.exe」を実行します。中段のボタンがアクティブになっていればPCがNDS Adaptor PLUSを認識しています。
NDS_Adaptor_Plus_06.jpg

NDS_Pokemon_Black.jpg
※NDS Adaptor PLUSにポケットモンスター・ブラックを差し込んでみました。

下の画像のように中段のボタンがアクティブになっていない時はPCがNDS Adaptor PLUSを認識していません。DSカートリッジ、USBポートの差し込みをよく確認しましょう。
NDS_Adaptor_Plus_07.jpg

14.NDS Adaptor PLUSが認識されていれば左の「Back up」でDSからPCへセーブデータのバックアップ、右の「Download」でPCからDSのセーブデータのレストアができます。
NDS_Adaptor_Plus_06-2.jpg

15.NDS Adaptor PLUSの使用が終わったら、DSEOを再度起動し、「Disable Test Mode」選択して再起動し通常モードに戻します。テストモードではセキュリティ上、不安がありますので必ず、通常モードに戻しておきましょう。デスクトップ右下の「テストモード Windows7」の文字が消えていれば成功です。
NDS_Adaptor_Plus_10.jpg

16.次回以降、NDS Adaptor PLUSを使用する場合は、すでにドライバは指定してあるので、DSEOを起動し、「Enable Test Mode」で再起動すれば使用できます。

スポンサードリンク

posted by 湘南裕一郎 at 13:28 | Comment(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: