2018年03月13日

広告ブロックアドオンuBlock Originを使用してAndroidスマホ・タブレットの広告をブロック・消す方法【決定版】

遅ればせながら先日、ガラケーからスマホに乗り換えました。(^^ゞ

さて、スマホで快適にサイトを見ようと思ったのですが広告の多いこと!
しかも、広告の画像や動画が表示されることにより、通信量が増加し費用もかかるのです…。

ある記事によれば、アメリカ人は広告の通信費に毎月2,500円も支払っている、というのを見かけました。

そこで、広告ブロックについて、すぐに調べましたが、Android OSに標準搭載されているChromeには良い広告ブロッカーが無く、Chrome公式の対応もまだベータ版です。(しかも「悪質な広告をブロック」なので自社広告はスルーなのでしょう。)

2018年3月の時点では、Firefoxブラウザー(火狐)をインストールし、アドオンとしてuBlock Originを導入して、豆腐フィルタを購読するのがベストの結論に至りました。

なお、PC版のChromeは普通にウェブストアからuBlock Originが導入でき、豆腐フィルタを購読することもできます。PC版のChromeはこの設定がベストだと思います。

uBlock Originの他に有名な広告ブロックアプリとしてはABP(Adblock Plus)がありますが、ABP自体が広告を取るようになり、「控えめな広告を許可」するようになったりと今ひとつ信用できません。

この記事で紹介する方法は、スマホのRootを取る必要もなく、有料アプリを入れたりしないで完全無料で、ほぼ完璧な広告ブロックをする方法です。

まず、スマホのトップ画面に必ずある、Play ストアからFirefoxブラウザーをダウンロードします。
Firefox_Browser.jpg

インストール後、検索でuBlock Originのサイトへ行き「Firefoxに追加」のボタンを押すとアドオンとしてuBlock Originが追加されます。

Firefox画面右上の・・・が縦に三つならんだところをタップして「アドオン」を確認。uBlock Originが表示されていれば成功です。
FireFox_Addon.jpg

日本語フィルターがデフォルトでチェックが入っているはずなので、このままでもほとんどの広告が除去されます。
JPN-Filter.jpg

しかし、強力な日本語の広告フィルターである。豆腐フィルタを追加することにより、一層効果が高まります。これも先ほどと同様、豆腐フィルタのサイトに行き「フィルタを購読する」をクリックすればOKです。
tofu_filter_site.jpg

uBlock Originのオプションを確認し、一番下に豆腐フィルタが表示されていれば作業完了です。
tofu_filter.jpg

使用前 大きな動く広告が2つ、しかも下は動く広告が表示されています。
narou1.jpg

使用後 すっきりと広告がなくなりました。
narou2.jpg

広告の無い、快適なネットサーフィンを楽しみましょう。

#個人的には広告はサイトの一部だと思いますが、モバイル端末であるスマホやタブレットはWi-Fiが無い環境だと通信量が従量課金なので気になりますね…。若い子たちはほとんど気にしていないようですが…。あっ、本サイトもPC版は広告があるのは、やむをえないのでご容赦ください。

スポンサードリンク

posted by 湘南裕一郎 at 19:15 | Comment(0) | まめ知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: