2018年06月05日

ネジバナの変異種、変種

2018年6月1日から湘南地区でもネジバナ(捩花、学名:Spiranthes sinensis var. amoena)が咲き始め、今が見ごろになっています。

先に書いた記事のように、シャープのスマホ AQUOS sense SHV40で良い草花の写真が撮れるので面白くてネジバナの写真を撮っていたら、狭い範囲に色々な種類、変異種、変種があって面白かったのでまとめてみました。

この記事の写真もすべて、シャープのスマホ AQUOS sense SHV40で撮影したものです。撮影日は2018年6月5日。

nejibana-02.jpg
※濃いピンク色のネジバナ。

nejibana-01.jpg
※上記の拡大図。厳密には、撮影した原寸から600×800に切り出した写真、拡大はしていません。ネジバナはラン科ネジバナ属の小型の多年草。良く見るとランの花になっています。こんな拡大写真もシャープのスマホ AQUOS sense SHV40で撮影できます。

nejibana-03.jpg
※薄いピンク色のネジバナ。ほぼ満開できれいにねじを巻いています。

nejibana-04.jpg
※白いネジバナ。シロネジバナ、シロバナモジズリでしょうか?

nejibana-05.jpg
※ねじを巻かないストレートのネジバナ。こんな変異種もあります。

nejibana-06.jpg
※右巻きのネジバナと左巻きのネジバナ。Wikiによれば、右巻きと左巻きの割合は大体半々くらいだそうです。

芝生に咲く美しいネジバナは今が見ごろです。芝生が近くに有ったら、少し気を付けて見てはいかがでしょうか。

【参考リンク】
ネジバナ - Wikipedia まずはここから。詳しく解説されています。

スポンサードリンク

posted by 湘南裕一郎 at 20:43 | Comment(0) | まめ知識
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: